新築

≫一覧に戻る

佐世保市矢岳町 SW邸

SW邸は市内中心部・住宅密集エリアにある狭小地に建っています。
夫婦2人の終の棲家として計画されており、限られたスペースの中で広々とした開放的なスペースをもつコンパクトかつシンプルなすまいです。外観は、片流れ屋根のシンプルな形状とし、建物をコンパクトに抑えることで、狭小地でありながらも駐車スペースを広く取ることが可能となりました。室内は可動間仕切りで仕切っているため、建具を開閉させることによって広々としたリビング空間とプライベート空間を簡単に切り替えることが出来、フレキシブルな使用が可能。
室内の仕上げは、針葉樹合板をそのまま現したラフな雰囲気でまとめました。
施主がお持ちだったハンドメイドのステンドグラスやペンダントライトを使用しており、シンプルなインテリアの中で、鮮やかなカラーリングが空間に彩りを与えています。

 

Photo by Studio Do