リフォーム

≫一覧に戻る

東彼杵郡川棚町 MS邸

本家の隣に借家として使用するために建築された築45年の住宅の大規模リフォームです。
工事前は施主が本家の離れとして使用していたが、建物の老朽化および使いにくい間取りなどがあり、今回のリフォームで明るく開放的なすまいへ改修することが求められました。
既存構造を残して、外装及び内装をすべて撤去しスケルトン状態にした後、構造補強を行いながら効率の良い間取りへ改修を行っています。浴室・脱衣室などの水回り空間は新たに増築を行いました。スタイリッシュなステンレスキッチンを設置したキッチンスペースには大きな収納スペースも確保しました。
シンプルな切妻屋根の建物形状はそのままに、天井仕上げを撤去し天窓のある勾配天井へと改修するなど、とても明るく開放的なスペースに生まれ変わりました。
玄関横の板の間は土間床へ変更し新たに薪ストーブを設置、明るく開放的でとても暖かなすまいが完成しました。

                  ~改修前~

                  ~改修後~