リフォーム

≫一覧に戻る

佐世保市船越町 Yama邸

 

 

トモハウス民家再生第2弾プロジェクトとして、

新しく生まれ変わったYama邸は、

約築60年の母屋に新たに約30年前に増築された家の民家再生であった。

既存の家の傷みもひどく、家の約90%を解体した。

全て手作業での解体工事となったため、約3ヶ月の工事期間を要した。

既存の骨組み、基礎だけを残して、昔の住んでいた頃の面影を残しながらも、

和を大切にした住みやすい空間となって生まれ変わった。

壁でいくつかの部屋に仕切られていた既存1階の空間を

決められた空間の中にも開放感のある陽あたりの良い、

快適な空間として再生された。

水周りの配置は、ほぼ同じだが今までの暗い空間から

明るい風通しのよい空間となった。

オーナーのご希望は“和を大切にした空間”への民家再生であった。

リビングには梁をだし、

また、玄関前の目隠しには、解体ででた木材を再利用している。

 

再生前

再生後

暗い玄関も明るく家族を受け入れる空間となった。

 

外観の形は変わらないが、屋根や外壁を変えることで、

大きく家の表情が変化する。

 

再生前

再生後

上:キッチン

 

下:洗面所

 

リビングダイニング

再生前は陽があまり入らなかったが、

再生後は開口を広く取り、風の流れ、陽の光が入る空間となった。

開口部からは、バルコニーへとつながっている。

バルコニーの上にはパーゴラを設置し、

奥様のお好きなハーブなどのガーデニングにも最適である。

バルコニー前のお庭が奥様の手によって素敵なガーデンに変わっていくと

また、リビングと一体感となり、益々素敵な空間になる。

 

再生前

再生後