新築

≫一覧に戻る

佐世保市万徳町 I邸

I邸は市内中心部の密集市街地に建つ、1階は親世帯、2階は子世帯の
完全分離型の二世帯住宅となっています。

準防火地域に対応する特殊なレッドシダー材や西洋漆喰などの自然素材で構成されたシックな外観は、
無機質な街並みに表情を与えています。
内部も外部同様、木の無垢材や西洋漆喰などの自然素材を多用し、次世代省エネ基準に対応した高断熱性能と合わせて、健康に配慮したとても気持ちの良い室内空間を作り出しています。

二世帯それぞれ別の玄関を持ちながらも、内部の玄関ホールにて両世帯間は接続され、世帯間のほどよい距離感を保つことができるよう配慮したプランとなっています。
親世帯部分については、大量の美術工芸品を陳列できるよう広めに確保したホール廻りのスペースやアンティークのステンドグラスを埋め込んだFIX窓、子世帯部分については、吹抜と連続した開放的な廊下、薪ストーブのある広々としたLD、パーティースペースとして利用可能なウッドデッキのバルコニーなど多くのこだわりが盛り込まれたすまいとなっています。
両世帯のLDには同じ方位に対して横長のピクチャーウィンドウを配置し、前面道路側の桜並木を借景として室内に取り込むことができるように計画しており、桜の季節には室内にいながらもその美しい桜を楽しむことができます。

また給湯システムにはガスコージェネレーションシステム・エコウィル(※)を採用しており、エネルギー使用の効率化による光熱費の削減や二酸化炭素の排出量を極力抑えるなどの環境に対する配慮したすまいとなっています。



Photo By Studio Do