リフォーム

≫一覧に戻る

東彼杵郡川棚町 SO邸

大村湾の波静かな入り江に面した土地にSO邸は建っています。
片流れの大屋根からなるシンプルな形状の可愛らしい木の箱のようなすまいとなっています。
シンプルな平屋スタイルの平面プランとなっており、勾配天井からなる広々としたLDスペースを中心として各居室を配置、キッチンスペースもオープンで開放的なタイプを採用しています。またキッチンからユーティリティまでの水回り空間の導線はコンパクトに集約させることで、日々の家事作業がより楽なものになるよう配慮しています。大屋根形状の勾配を利用した小屋裏の収納も設置、十分な収納量を確保しています。
また自転車が趣味のお客様の要望で、外部から自転車を楽に出し入れすることの出来る趣味の部屋を設けました。自転車の手入れやトレーニング室として使用できる十分な広さを確保しています。
リビングの前面にはパーゴラ屋根を設置し、将来ウッドデッキが取り付け可能となっています。
外部は杉板張りの外壁、内部には柱・梁を露出させた真壁工法を採用しており壁面には合板をそのまま仕上げに使用するなど、無垢の木材や自然素材をふんだんに使用しています。木の温かみを感じながら無垢の素材ならではの肌触りや心地よさ、素材の経年変化を楽しむことが出来きます。
穏やかな海を眺めながら、日々の生活を楽しく送ることの出来る素敵なすまいが完成しました。

   
   
   

Photo by Studio Do