新築

≫一覧に戻る

東彼杵郡川棚町 Ar邸

川棚町中心部に位置する小高い丘の上に、Ar邸は建っています。
杉板張りの外壁に、軒を大きく張り出した緩勾配の板金屋根で構成されたシンプルな平屋建ての住まいです。
外壁には押縁押えを施してあり、外壁表面の凹凸によりリズミカルな表情が生まれています。
内部は無垢材、和紙クロス等の自然素材を中心に構成、床は水回りのスペースを除くすべてのスペースに畳敷きを採用、暖かな足触りの気持ちのいい空間となっています。
勾配天井の広々としたリビングスペースは、間仕切りによりキッチンスペースを区切ることも可能。
キッチンから食品庫、ユーティリティスペースを一直線に配置させ、さらに回遊できるプランを採用、単純な家事動線としているため日々の家事作業等が楽に行えるようになっています。

後日、建物前面に大型のウッドデッキが完成予定、全開放のフラットサッシを開放することで内部空間と外部空間が緩やかにつながります。さらに広々とした開放的な心地よい住まいになります。

<トモハウス設計監理物件>