新築

≫一覧に戻る

佐世保市中里町NM邸

長崎県の天然記念物にも指定されている樹齢約500年の東漸寺の大クス、今回のすまいはその
大クスを目前に構える敷地に建っています。
LDK空間を中心に部屋を配置した平屋のすまいとなっており、開放的なキッチン空間を通して
LDKのどこからでもこの大クスの雄大な存在感を感じとれるように配慮しています。
南面は軒を深く取った大型のウッドデッキを設置、この外部デッキと連続することで開放的な
リビング空間が実現、寝室等の居室はリビングを中心に効率的に配置しています。
オープンスタイルのキッチンから、食品庫スペース、水回り等の動線は一直線上に配置、
日々の家事作業が効率よく行えるよう配慮しています。
外部の杉板張り始め、内部にも無垢の木材や自然素材を多用しており、無垢の素材
ならではの肌触りや心地よさ、素材の経年変化を楽しむことが出来ます。

雄大な大クスを眺めながら、施主のご家族皆さんが開放的で気持ちの良い生活を
おくれるような、そんな素敵なすまいが完成しました。

s0002_0 s0003_0 s0004_0 s0005_0
s0006_0 s0007_0 s0008_0 s0009_0
s0010_0 s0011_0 s0012_0 s0013_0

Photo by オフィスソラ