Funakoshi Sasebo7/25/2007 Completion

# new construction

佐世保市船越町 O邸

award11th Nagasaki Prefecture wooden house contest prize

 

展海峰を望むのどかな船越町にO邸が完成しました。

 

周りの自然、環境を壊さないように、外壁の色や、形にも配慮し、

家全体が周りの環境に溶け込むようにデザインされている。

この家の特徴は、 エネルギッシュなオーナー夫婦と二人の元気良い可愛いお子様が、いつも一緒の時間を過ごせるように家族が家の何処にいても、家族が大きな一つの空間に居て、コミュニケーションができるように配慮してある。

そして、階段以外には段差の無い、遊び盛りの子供達に優しい作りである。

また、大きな窓や天窓は、それぞれの空間に陽をそそぎ入れ、また、自然の風を家の中に取り入れて、 五感を使って四季の違いを感じることができる。


 

車庫を家と一体となった空間に作ることで、雨の日も動きやすく、外に出ることなく、内玄関から家に入ることができる。

車庫には水道とシンクを設置し、車を洗う他、子供達が遊んだ後の汚れたおもちゃなどを洗うなど多目的にしようできる。

 

 

1階 リビングダイニング、そしてキッチンを一つの空間にして、吹き抜け高い天井には、2階子供部屋の室内窓があり、主寝室、ゲストルームを含め、何処に居ても、コミュニケーションをとることができる。

大きな窓からは、バルコニーへと広があり、家全体、バルコニーまで一つの大空間となっている。

冬にはウッドストーブで暖をとる。

 

 

 

キッチンは、小さなお子様にも安全なIHヒーターを使用したオール電化の家である。

 

洗面所も姿見できる大きな鏡を設置し、

 

 

広々とした使いやすく、
開放感溢れる空間である。

2階子供部屋は、子供達が小さい間は、あえて広い一つの空間としている。

子供達の成長と共に、両サイドの本棚などで、二つの部屋に区切れる様、入口と収納、天窓、内窓、全て二つづつデザインされている。

 

 

左: 子供部屋内窓より、1Fを見下ろす。

右: 廊下 下: 階段

暗くなりがちな空間も、

白を基調とした壁と小窓をからの光で、明るい空間になっている。

 

バルコニーは、腰掛ベンチや水道を設置し、友人の多い、アクティブなオーナー夫婦には最適な、リビングルームとバルコニーを一つの空間として、Partyを楽しむことができるのではないだろうか。

 

1/100の模型

Photos by Studio Do 0956-25-3797